Swift

XcodeにGitHubアカウントを登録する方法

海洋
利用環境

MacOS Sonoma v14.5
Xcode v15.4

XcodeからGitHubにアクセスするためには初期設定が必要になります。
とても簡単なので、Xcodeを使い始めたらApple IDの登録と共に設定してしまいましょう。

GitHub連携の手順

Xcodeの設定からアカウントを追加する

Xcodeを開いたら Command + , で設定を開きAccountsタブの左下にある + をクリックし、出てきた選択肢からGitHubを選択します。

GitHubのトークンの作成画面へ

選択するとGitHubのアカウントとトークンの入力を求められるので、まずGitHubのサイトからトークンを作成しましょう。


Create a Token on GitHubを選択するとブラウザが開き、New personal access token (classic)の作成画面が開きます。
この時GitHubがアクセスの確認をしてきたら、それの対応後に作成画面に遷移出来ます。

トークンの作成

Noteにこのトークンの作成目的を記入します。

そしてExpirationでトークンの有効期限を選択します。
安全性と快適性を考慮して決めましょう。

その下のSelect Scopesですが、こちらは上の画像にも表示されていますが、下記の4項目は必ず選択し、他はそれぞれ必要と思うものを追加しましょう。

  • repo
  • admin:public_key
  • user
  • write:discussion

以上の操作が完了したら、一番下のGenerate tokenを選択します。

トークンのコピー

作成すると以下の画面が表示されるので、ここで必ずトークンのコピーを行います。
注意書きにもあるように、画面を変えたら二度とこの画面は表示できないので忘れずにコピーします。

万が一忘れても、作成したトークンを削除後にもう一度トークンを作成すれば大丈夫です。

アカウントとトークンを入力して完了

Xcodeに戻り、先程作成したトークンのコピーを貼り付け、アカウント名にGitHubのアカウント名を入力し、Sign Inを選択すれば完了です。

これでXcodeでGitHubとのやりとりが行えるようになります!

実際のGitやGitHubの操作に関しては、こちらの記事で紹介しています。

あわせて読みたい
Xcodeを使用したGitバージョン管理の操作方法
Xcodeを使用したGitバージョン管理の操作方法

おわりに

このようにGitHubとの連携は、作業自体は簡単ですが頻繁に行う作業ではないので忘れがちです。
なので覚えられるまではトークンの有効期限を短く設定し、設定頻度を高めるのも良いかもしれません。

SSHキーの設定については今後追加していきたいと思っています。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

ABOUT ME
海洋
海洋
Linuxを独学中。Swiftもちょっとだけ。
情報処理技術者試験も合わせて勉強中。現在はIP・SGに合格。
勉強中の内容を掲載しておりますので、間違いも有るかと思います。
その点をご理解いただき、お気づきのさいはご連絡いただけると幸いです。
記事URLをコピーしました